京都府職員労働組合 -自治労連- Home 情報ボックス 府政NOW 京の写真館 賃金 料理 大学の法人化



2018年03月16日

大飯原発の再稼働は反対
原発ゼロをめざす京都ネットワークが声明

府民の安全・安心が確保できない

 < 声 明 >
          関電大飯原発3号機の再稼働に抗議し、即時停止を求めます。

 関西電力は、大飯原発3号機を本日14日午後に再稼働させようとしています。

 「原発ゼロをめざす京都ネット」は、国民の世論の多数が原発再稼働を認めていない下で、再稼働を強行する関西電力とこれを認めた政府に対し、怒りをもって抗議するものです。

 私たちは、かねてより、今なお続く福島第一原発事故の深刻な被害状況に鑑みても、原発再稼働は到底認められないこと、国の再稼働の根拠である新規制基準そのものが事故の発生を前提にしており、万が一にも事故はあってはならないという原発の安全性が保障されていないこと等を主張してきました。大飯原発は、敷地周辺の活断層の危険が指摘されたままであるなど、プラントそのものに危険があります。また、すでに稼働している高浜原発3・4号機と近距離にあり、同じ地域で同時に原発が稼働する事態となります。

 地震や津波などによって、高浜と大飯の両原発が同時に事故を起こす危険性は高く、このことが想定されていない大飯原発の再稼働は、あまりに危険です。避難計画では、屋内退避を基本としている問題と同時に、避難経路と手段の確保をはじめ、安定ヨウ素剤の各戸事前配布など、依然として課題が山積しており、このままでは、到底府民の安全・安心の確保はできません。この間、再稼働延期を招いた神戸製鋼所の製品データ改ざん問題についても、情報が公開されず、住民に説明すらされていません。
 このようなずさん極まりないやり方で、府民の心配をよそに再稼働を強行することは、断じて認められません。

 また、京都府知事に対して、UPZ圏をもつ被害を受ける地元として、大飯原発の再稼働に対し反対表明することを求めてきましたが、再稼働の当日に至ってもなお知事としての態度表明がありません。これは結果として再稼働を容認することになり、府民に対し無責任であることを指摘するものです。

 政府と関西電力が、エネルギー基本計画で、原発をベースロード電源と位置づけ、再稼働に固執していることに、満身の怒りをもって抗議し、即刻大飯原発3号機の再稼働作業をやめるよう求めるものです。

2018年3月14日
原発ゼロをめざす京都ネットワーク  共同代表世話人
京都地方労働組合総評議会・ 議長 梶川 憲/京都民主医療機関連合会・ 会長 尾崎 望 /京都府商工団体連合会・ 会長 久保田 憲一 /新日本婦人の会京都府本部・会長  森下 総子 /京都母親連絡会・ 会長 吉田 文子/自由法曹団京都支部・幹事長 小笠原 伸二/ 日本科学者会議京都支部 ・代表幹事 宗川 吉汪

府職労ニュースインデックスへ