京都府職員労働組合 -自治労連- Home 情報ボックス 府政NOW 京の写真館 賃金 料理 大学の法人化
映画案内

話題の映画

従軍画家の生涯描く

『FOUJITA』
小栗 康平監督

 実在した画家、藤田嗣治の生涯を描いた話題作です。

 陸軍軍医の家庭に生まれた藤田は、二十代で渡仏。パリで、ピカソ、モディリアーニといった多くの画家と交流します。やがて彼の描く裸婦像の「乳白色の肌」は、評論家たちからも注目され、エコール・ド・パリの寵児となっていくのでした。

 1940年には、第二次世界大戦の開戦により日本へ帰国。従軍画家を任じられ、派遣された藤田は、「アッツ島玉砕」ほか数多くの「戦争協力画」を描きます。

 その後、終戦を迎えた日本で藤田を待ち受けていたのは思いがけないものでした。

 監督は1990年、『死の棘』『眠る男』などの小栗康平。猛特訓して撮影に臨んだという藤田役のオダギリジョーのフランス語の演技が見所です。

 11月14日(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー。


−映画案内のンデックスへ−